子ども達の今 of PE HP


体格の違い.gif


体格の向上と体力・運動能力の低下

昔に比べ、男女ともに体格は向上する一方で、運動能力は下がっているという話を聞いたことがある人は多いと思います。
子どもの体力は長期的に低下傾向にあり、昭和60年ごろを境に、全年代において低下の一途を辿っています。
しかし、この数年では横ばいの状態が続いていおり、体力低下にも底が見えたという声もあがり始めています。

体力とは…

person_0175.gif大きく分けると、体力とは行動体力と防衛体力の二つに分けることが出来ます。
行動体力とは、スポーツ活動などの行動を起こす能力、持続させるための能力、行動をコントロールするための能力です。一言でいえば「作業能力」、「活動能力」にあたります。
これに対して防衛体力とは、健康や基本的な生命活動を維持するための機能や抵抗力などが含まれる。いわば「生存能力」です。
つまり体力とは、人間が生涯にわたって充実した生活を送るための基礎であるといえます。


体力が低下している原因

公園看板.jpg体力が低下している原因として、
以下のようなことが考えられます。

1.子どもの外遊びやスポーツの軽視
 ⇒知識を過度に重視する大人の意識(社会)。
2.歩く機会の減少
 ⇒経済的発展や科学技術の進歩による交通手段の発達。
3.子どもの家事手伝いの機会が減少
 ⇒掃除機や洗濯機などの発達による家事にかかる労力の軽減。
4.人間関係の希薄化や体を動かす機会の減少
 ⇒情報化社会による情報機器へののめり込み。
5.日常的に外で遊ぶ場所や仲間の減少
 ⇒都市化や少子化。

これらのことからもわかるように、子ども達を取り巻く環境が変化したことが原因であることは明らかです。


運動が不足するとどうなる?

肥満児.gif
まず、運動不足によって体力が低下し、それに伴って筋力も弱まり身体能力が低下、そして運動能力も低下します。この一連の悪循環は、身をもって体験したことがある人は多いと思います。
では、運動能力と体力の低下が進むと、どういった事態を招くのでしょうか。

体力は人間の活動の源であり、健康維持の他にも意欲や気力といった精神面にも大きく関わってくるということは、先ほど紹介をした通りです。運動不足や不適切な生活習慣は、肥満や生活習慣病などの健康面、意欲や気力といった精神面など、子どもが「生きる力」を身に付ける上で悪影響を及ぼします。また、体力が低下すると、ますます運動から離れ、一層の体力低下を招くといった悪循環に陥ることとなります。
尻もち.gifこの悪循環が続くと、階段でよくつまずいたり、体勢を崩したときに簡単にこけてしまったり、こけたときにうまく受け身をとることができなかったり…、というように日常生活にも支障が出てくる場合があります。
しかし逆に言えば、体を積極的に動かすことにより、運動能力や技能の向上を促し、一層の体力向上へとつながります。また、子ども(特に小学校低学年以下の子ども)は、他者との遊びなどによる身体活動を通して、体の動かし方を会得し、脳の発達を促すなど、体を動かすことと心身の発達が密接に関連しています。
このように、体を動かすことは身体能力を向上させるだけでなく、知力や精神力の向上の基礎ともなるのです。

成長の過程

成長曲線graph.jpgなぜ、全世代に起こっている体力や運動能力の低下という現象の中で、特に子どもについて取り上げられることが多いのでしょうか。
それは、子ども達が日本の将来を創る世代だからということももちろんですが、それだけではなく運動能力の発達過程に大きく関係しています。
人間の誕生から成熟期までの発育量を100%で表したもので、「スキャモンの成長曲線」というものがあります。
これによると、神経系統は生まれてから5歳頃までに80%の成長を遂げ12歳でほぼ100%になります。ということは、12歳までに神経系を十分に発達させておかないと、時期を過ぎてから伸ばすのは難しいということです。
子どもが成長していく時点では、器官や機能はまちまちの発達をしていきますので、ある一つの課題に対しても、吸収しやすい時期と、しにくい時期が出てきます。
そのため、最終的に大きな成長を期待するのであれば、最も吸収しやすい時期にその課題を与えていくのが最適な方法です。
特に子どもについて体力や運動能力の低下が問題視されるのは、こういった理由からです。

もっと体を使って遊びましょう!

P5090101.JPGこのような現状を踏まえて私たちfit P.E.では、運動離れから悪循環へ陥ってしまっている子ども達へ体を動かすことの楽しさを伝え、この悪循環から抜け出すきっかけになりたいという想いで活動をしています。
運動に対して苦手意識が強い子も徐々に楽しさを感じられるように、遊びの中に運動能力を鍛えるための要素を取り入れ、お子様の運動神経発達のサポートを致します。